城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 夏休み、リズミカルな毎日を!

 

 

夏休み真っ最中の子供たち。

やりたいことはたくさんある。やらなければならないこともたくさんある。そして時間もたくさんある。

 

そんな夏休みは時間を決めて1日のスケジュールを立て、リズミカルで規則正しい生活を送ることが大切です。

だらだらと毎日を過ごしてしまったのでは、せっかくの夏休みがうまく活かせません。

 

特にやりたいこともないという場合は、この機会に継続的に何かを始めてみるとか、普段の生活ではできないことに

挑戦してみるとか、何か目標を持たせてあげることで、子供たちの夏休みも生き生きと輝いてくると思います。

 

大人も一緒に考えてあげましょう。

 

子供たちにとって、思い出に残る夏休みになることを願ってやみません。

 

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 持 続 力 を つ け る に は

 

 

最近の子供は集中力・持続力が乏しいように思います。

 

これはテレビのコマーシャルの影響だという人がいます。

テレビコマーシャルは30秒から1分くらいの短い時間で商品を印象づけなければらないので、

画面の切り替えも早く、たたみこむような落ち着きの無いものに仕上がってしまいます。

 

生まれたときからコマーシャルの洗礼を受けた現代の子供たちは、これに適応してしまい、

一つの事に集中できる時間がテレビのコマーシャル並みになっているという理論です。

 

これはあながち間違ってはいないかもしれません。

 

たしかに最近の小学生をみていると授業中、じっと落ち着いていられない子供が増えてきています。

 

また車社会にも象徴されるように、長時間歩くこともなくなり、忍耐力や持続力をつけるチャンスが少なくなっています。

 

それでは、子供に持続力をつけるにはどうすればよいか。

 

ハードなスポーツ等に打ち込める場合はよいのですが、そうではない場合はどうするか。

 

何でもいいから、毎日欠かさずやらなければならない日課を与える事です。

 

例えば、食事の後の片付けや雨戸の開け閉め、お風呂の掃除など、年齢に応じて、あまり負担にならないことを選びます。

大切な事は、本人が納得していること、特別な事情が無い限り毎日行わせることです。

日課として体で覚えこんでいく事によって、苦痛感も少なくなっていきます。

 

親として例外を許さず、やっていることを時々評価してあげるとさらに続ける意欲がわいてくるものです。

 

こうして一つの事でも一生懸命やり通すことに喜びを覚え、自信がつけば、集中力や持続力も育っていくでしょう。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る