城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 中だるみ? 慢性化したら大変!

 

暑い夏も終わり、秋の涼しい風が吹く季節になりました。

食欲の秋、運動の秋、読書の秋、そして勉強の秋。

だけど、何か最近うちの子供はだらけている、と感じられたら危険信号です。

 

2学期は中だるみに陥りやすい学期ですが、一旦中だるみに陥ってしまうと、

そこからずるずると怠け癖がついてしまう場合もあります。

 

中だるみには、はっきりした「きっかけ」というものはありません。

しかし、中だるみを防ぐ、あるいは中だるみから脱するきっかけはいくつでもあります。

それを子供たちと一緒に探してあげるのが、我々大人の役割ではないでしょか。

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 親 の 笑 顔 が 子 ど も を 勇 気 づ け る

 

 

お家では、お子様はどういう表情をしていますか?

 

子どもの表情を見ることで、親のあなたが、どれだけ表情のバリエーションを持っているかを

振り返ることができます。

子どもは親の表情を鏡で映したように反復します。

 

教育で一番大切なことは「子どもが安心すること」です。

子どもは安心すると学習する余裕が生まれます。

学習する余裕をつくるのは、親の笑顔です。

 

家庭内で親がいつもブスッとして怒ってばかりいると、子どもも同じ顔になります。

子どもから笑顔がなくなってしまったとしたら、それは親に笑顔がないからです。

 

子どもも成績が悪かったり、先生から叱られたり、辛いことは沢山あります。

しかし、思うようにいかないことがあっても、笑顔で受け止めてあげてください。

 

甘やかしている人には笑顔がありません。なぜならまず同情するからです。

「どうしたの?大変だったわね。」「それなら・・・文句を言ってあげる。」という顔は笑顔になりません。

 

子どもが失敗して帰ってきても「アハハ、大変だったねー。」と言ってあげれば良いのです。

 

親が笑ってくれれば、ホッとします。

そこから再チャレンジしようと頑張る力がわいて来ます。

 

教育とは成功した時にどうするかを教えることではなく、

失敗に直面し壁にぶつかったときに「再び頑張る心」を育むことなのです。

 

どんなに小さなことでも、それを乗り越えていける子どもにしていくことが教育なのです。

 

そのためにも笑顔は最高の栄養素だと感じます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る