城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 そろそろ、勉強に集中しなくっちゃ!

 

2学期もそろそろ終盤に入り、締めくくりの時期が近づいてきました。

 

この2学期は行事も多く、子供たちがいろんな行事にむけてがんばっている姿は、本当にすがすがしいものでした。

その気持ちを学習にも活かし、がんばって勉強してくれれば良いのですが、なかなかそうも行かないのが現実ですね。(^_^;)

 

しかし、そうこうしているうちにも学校の授業はどんどん進み、知らず知らずのうちに「学力の穴」をつくっていって

しまっている子供たちが多いのも、また事実です。

 

特に2学期は学校の授業内容は、難しいものが多く、きちんと理解できているか、が気になるところです。

 

そんな時こそ、毎日、少しだけでも机に向かって学習する習慣が大切です。

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 根 気 と 集 中 力 を 鍛 え る

 

 

「友達がやっているから、自分もやってみたいと思った。

でもやってみたら、つまらなかったからやめたよ。」と子供が言っても、

「根気がない」と思う必要はありません。

 

親は嫌いなものでもガマンさせることで、子供の根気を鍛えようとしますが、

これは少々間違いです。

 

好きなことに対して粘り強く耐えることが「根気」てす。

嫌なことに耐えることが「ガマン」です。

根気は嫌なものからは鍛えられません。

 

子供の間に鍛えなければならない大切なものは、根気と集中力です。

 

好きなことなら集中力も出るし根気もつきます。

 

たとえば、プラモデルが好きな子供は、細かい作業を続けても平気です。

そして、プラモデルを作ることによって根気と集中力が磨かれます。

 

この根気と集中力は、必ず将来の仕事に役に立つことになると思います。

 

子供のわがままに左右されてはいけませんが、子供の好き嫌いをあまり神経質に捉えずに、子供がしたいことに

急なブレーキはかけない、子供が嫌がることには、すぐに結論を出してあげるという姿勢は、子供の根気と集中力を

育てる上で、案外大切なことかもしれません。

 

またタイガー・ウッズのお父さんは、「オマエ、ゴルフしろよ。」とは一言も言わなかったそうです。

 

やりたいことでも「やれ」と強制されるとやりたくなくなります。

 

人間は自分の意思で始めた時に、初めて面白いと思うし、やる気が出るのです。

強制されてモチベーションが続くことはほとんどありません。

 

好きなことを嫌いにしてしまうのは、もったいない話です。

好きなことだからこそ長続きし成功もするのです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る