城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 そろそろ、勉強に集中しなくっちゃ。

 

 

秋の深まりと同時に2学期も後半に入り、子供たちの生活にも少し落ち着きが出てくる頃ですね。

この2学期は行事も多く、子供たちがいろんな行事にむけてがんばっている姿は、本当にすがすがしいものでした。

その気持ちを学習にも活かし、がんばって勉強してくれれば良いのですが、なかなかそうも行かないのが現実です。

しかし、そうこうしているうちにも学校の授業はどんどん進み、知らず知らずのうちに「学力の穴」をつくっていって

しまっている子供たちが多いのも、また事実です。

特に2学期の授業内容は、難しいものが多く、きちんと理解できているかどうか気になるところです。

そんな時こそ、毎日、少しだけでも机に向かって学習する習慣が大切です。

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 こ わ さ と や さ し さ

 

 

私たちが子どもの頃、親や先生はとても「こわかった」という記憶があります。

親にちょっとした嘘や言い訳をしただけで、目から涙があふれるほど怒られたものです。

自分のしたことへの、「よい」「悪い」の判断を身をもって知らされたものです。

また「こわい」先生へは近づくだけでも「こわさ」を感じたりもしました。

敬語を使って話し掛けるのは当然でした。

また同級生をたしなめる時に「先生に言いつけるぞ!!」という言葉が、武器にもなって

いました。

体罰の善悪は別にしても、最近この「こわさ」が少なくなってきているような気がして

なりません。

「こわい」の中には畏敬・尊敬・厳しさが入っていました。

 

子どもの頃の「こわい」とは「親(先生)がみている」「親(先生)がどう言うか」という「目上の人」の存在があっての

ことでした。

人間は、この「こわい」存在があって、はじめて自分を自分で律することが可能になり、自分を大きくしていくことが

できると思います。そしてこの「こわさ」を経験することが学習の一つでした。

不登校や学級崩壊など社会問題として出現した現象にも実は根底に、この「こわさ」の欠如があるような気がしてなりません。

「本物の優しさ」とは厳しさの上に存在するものであり、「偽物の優しさ」とは甘さの上に存在するものだと思います。

子どもが善悪を判断する機会に、損得なしの毅然とした大目玉を与えることは、親の当然の役割だと思います。

そのことが子どものためであると同時に親自身のためにもなるのです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る