城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 そろそろ 「わからない」病の時期?

 

新年度が始まって1ヶ月が過ぎ、学校の勉強も本格的に進んでくる時期です。

 

それに伴い、この時期は子供たちの口から「わからん!」「わからへ〜ん!」という言葉がしばしば飛び出してくる頃です。

 

4月はゆっくり進んでいた授業や導入に時間をかけていた教科も徐々にペースアップし、内容も難しくなってきます。

そのため子供たちはいたるところで壁にぶつかるでしょう。

 

しかし壁にぶつかった時に、すぐ「わからない」を連発するのではなく、わからないから努力する、わかるように

がんばる、そんな強い心を育てていきたいものです。

 

新しいクラスや先生にも慣れ、学校生活も落ち着きを取り戻してきたこの時期こそ、あきらめたり投げ出したりせずに、

「継続的に学習をする」習慣を身につけ、壁を乗り越えていくことができるように自分自身を鍛えていくべき時なのです。

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 中 断 効 果 を 利 用 し よ う !

 

 

ある心理学者がおこなった実験に「中断後のやる気は高揚する」というものがあります。

 

これはある課題を途中で中断すると、以前にも増してその課題に取り組もうというエネル

ギーが出てくるらしいのです。

 

例えば夢中になって観ているテレビドラマなら、いよいよ佳境に入る直前に「来週につづく」とテロップが出ると、もう続きが気になって、次週の予告編を必ず観てしまいます。

これもこの心理を利用したものなのです。

 

またこういうケースの場合は、不思議に記憶も鮮明でストーリーもよく覚えているものです。

むしろ熱中して一気に観終えたテレビドラマなど、何日か経つと意外に覚えていないなどということがよくあります。

 

子どもの学習も、この中断効果を利用すると効果的な場合があります。

テレビドラマなどと同様に、いちばん面白がっているときに中断してみるのも一つの方法なのです。

再開したときに「また、あの続きをやろう」と前にも増してやる気を起こし、自力で解こうとする情熱が高まるものです。

 

その逆に子どもが興味をもっているからといって、それに任せてどんどん教えると興味の持続が短くなり、かえって早く

飽きてしまうことになります。

 

子どもの頭脳が栄養を要求しない場合は、記憶力も薄れ何も残らない可能性があるのです。

 

その機を見ること、中断の判断をすることはなかなか難しいとは思いますが、ほんの少しだけでも意識しておかれては

どうでしょうか。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る