城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 気 持 ち に 余 裕 を 持って、子 供 に 接 し よ う。

 

 

蒸し暑い時期に入りましたね。

こんな時は何をやってもイライラしがちで、子供に対してもつい厳しく叱ることが多くなりがちです。

なかなか勉強しないし、テストの点数も思わしくないし・・・。

 

しかし、大人だけではなく子供たちもイライラしがちな時期なのです。

学校でもいろんなことがあります。

いやな思いをして帰ってくる日もあるでしょう。

そんな時に、お父さんやお母さんにまで厳しい小言を言われたのでは、子供の気持ちもまいってしまいます。

 

こんな時期こそ、まず大人が精神に余裕を持って子供たちと接することが大切なのではないでしょうか。

そのためには、お父さん、お母さんの心身のリフレッシュも大切ですね。

 

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 食 育 っ て 何 ?

 

 

昨今、よく「食育」という言葉を聞きますが、では「食育」とはいったい何なので

しょうか?

今まで教育現場では、「知育」「徳育」「体育」の3つの教育が行われてきました。

しかし、「食の崩壊」と言われ.る今日「食教育」の重要性が見直されているわけです。

大人になってから食習慣を変えるのは案外大変なこと。

食習慣の形成時期である小さい頃(幼・小・中)から、正しい食教育を受けたり、

さまざまな食体験を通じ「食事の自己管理能力」を養おうというものです。

 

もう十年以上前になりますが、2005年6月には食育に関する法律、「食育基本法」も

制定されました。

 

しかしながら、最近「コショク」という言葉をよく耳にします。

 

家族と一緒であっても自分の部屋で食べる「個食」。

子どものみで食事することを指す「孤食」 。

同じものばかりを食べ続ける事を指す「固食」。

 

これらは、いつでもどこでも食物を簡単に取ることができることの弊害かもしれません。

 

調理や供食の経験がないまま成長する子どもたちが増えているのも事実です。

 

休日には外食に行く方も多いと思いますが、たまには外食ではなく、お子様と一緒に食事を作ったり、お弁当を作って

ハイキング等、食を通じて家族団らんを楽しむのもいいかもしれませんね。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る