城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 2学期のスタート! まず生活リズムを戻そう!

 

 

楽しかった夏休みも終わり、2学期が始まりました。

学校も始まり、勉強も再開です。

 

けれども、多くの子供たちはなかなか夏休み気分から脱しきれず、ダラダラと過ごしてしまいがちです。

 

そこで、小中学校では早く学校主体の生活リズムを取り戻させるために、2学期にはいろんな行事を計画しています。

それらの行事に積極的に参加することによって、意識も生活も学校リズムに戻っていくのです。

 

2学期は学習面でも、内容が難しくなってきます。

 

行事と勉強の両立、切り替えが大切な時期でもあります

 

特に「定期試験」のない小学生に、どのようにして勉強に目を向けさせるかは、大切な課題であると感じます。

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 会 話 の 出 来 る 子 ど も

 

 

「最近、子どもが話をしてくれない。」ということをよく耳にします。

その原因は何でしょう。

 

実は多くの場合、その原因は親にあることをご存知でしょうか。

親が子どもに話をしなくなったから、または子どもの話を聞かなくなったから、

子どもは親に話をしなくなったのです。

 

子どもが親と話をしやすい時間はというのは、ごはんを食べている時、お風呂に

入っている時やお手伝いをしている時などです。

 

子どもが「今日、学校でこんなことがあったんだよ。」と、したい話があるにもかかわらず、「早くごはんを食べて、

勉強しなさい。」などと言うのは、会話を否定していることになります。

 

「勉強をしているか。」「テストの成績はどうだった。」と、子どもがしたくない話をムリやり話題にあげたのでは、

これも会話をしたい気持ちを閉ざしてしまいます。

 

教育とは、物事を教えることではありません。

自ら学ぶ力をつける仕組みを教える事が重要です。

その仕組みの一つが会話なのです。

 

会話能力とは自分が一方的にスピーチすることではありません。

相手の話を聞いてあげて、それに対して、自分の考えを正しく伝える能力でもあります。

 

特に社会に出ると、この能力は大変重要になってきます。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る