城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 夏 休 み の 学 習 計 画 を た て よ う !

 

もうすぐ夏休み。

長い長い夏休み。

このような長期休暇があるのは学校に通っている間だけ。

 

子どもたちには大切な思い出をたくさんつくってほしいものです。

 

そして、それとあわせて勉強も計画的に継続していくことが大切です。

 

宿題だけではなく、夏休みの間に今までの苦手科目・苦手単元の復習をきちんとしておくこと、2学期の予習を少しでも

進めておくことが、9月からの学習をスムーズなものにします。

 

夏休みの過ごし方は、そのまま2学期の学校生活に大きく影響していくのです。

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 知 足 ( た る を し る )

 

「論語」の中に「悪衣悪食を恥ずる者はともに議論するに足らず」ということばがあります。

これは、衣食住に関しての贅沢は、すればするほどきりがないという意味です。

 

私たち親世代と比較しても、今の子どもたちのまわりには物があふれすぎているといっても

過言ではありません。

 

もともと子どもというのは衣食住に関して、意外に無頓着な面をもっています。

むしろ大人の見栄や過剰な優しさで、物を与えすぎている場合もあるでしょう。

しかし、何でも簡単に物を手に入れられるようにする事は、実は子どもを不幸にしてしまう

要因にもなるのです。

 

 

例えば、欲しがる物をすぐに与えられて育った子どもを、新鮮な空気と水しかない山小屋へ連れて行くと、「テレビやゲームが

ないから帰りたい」と言ったり、「(新鮮な)山菜の料理だけでは、ご飯が食べられない」と文句を言ったりします。

 

このように育った子どもたちは、物の本質を見抜けない、欲望のみによって行動する大人になってしまうのではないかと心配です。

 

釈尊の言葉に「知足」というものがあります。

 

これは「たるをしる」と読み、「“足る”を知るもの常に富む」ということを表しています。

あれも欲しい、これも欲しい、こうもしたい、という欲望には限りがなく、その限りを知ることで、常に心が満足させられる

という意味です。

 

質素、特に衣食住に関しての質素は、「知足」を教える第一歩になるのではないかと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る