城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 学 年 の 締 め く く り を 大 切 に

 

 

まもなく3学期も終わり、現学年1年間の生活が終わって次の学年に進む区切りの時期となります。

 

この時期に大切なことは、一度はこの1年間をじっくりと振り返ってみることです。

 

勉強のこと、クラブ活動のこと、友人関係や家庭での生活のこと等々。

 

そして、よくがんばったところ、がんばりきれなかったところを自分なりに整理し、

次学年に向けての反省・改善材料や目標設定につなげていくことが大切です。

 

そのためには、各ご家庭でも子供たちにその話題を投げかけ、

「もうすぐ、○年も終わりだね。この1年間はどうだった?」と問いかけてあげることが必要になってきます。

 

この投げかけによって、子どもたちは学年の区切りを意識し、

いろいろなことを振り返っていろいろな思いを胸に抱くことになるだろうと思います。

 

大人からの投げかけがなければ、じっくりと1年間を振り返る機会を子どもたち自身でつくることは難しいでしょう。

 

こうした節目節目の時期にこそ、私たち大人の適切な助力が必要になってくるのだと感じます。

 

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 親 の 理 想 を 押 し つ け て は い け な い

 

 

「子どもが言う事を聞かない」と考えるのは、

子どもが親の理想どおりに成長していないと思うからです。

 

もちろん、親の理想どおりに進む子どももいますが、たいていは理想どおりに進みません。

だからこそ、子育ての本来の楽しみもあるはずです。

 

子どもは「もの」ではありませんから、こうなればいいなと思っても、そうなるとは限りません。

 

まして親でさえ、自分の人生は思いどおりにならないことも多いのですから。

 

親自身がうまくいかないと、その分、せめて子どもだけはうまくいくようにと考えます。

 

しかし「うまくいく」ことが、その子らしい生き方とは限りません。

 

子どもに自分のできなかったことをさせようとすること自体、すでに無理が発生しているのです。

 

我が子を「この子はいい子です。」と言い、親の理想どおりに進んでいる状態だとすれば、

親を超えることは難しいかもしれません。

 

本当の教育とは、自分を超える存在をどうつくるかなのです。

 

自分の理想像だけを押しつける事は、子どもの可能性の芽を摘み取ってしまうことにもなりかねません。

 

「いい子」と表現される子どもでも、本来の意味の「いい子」とは限らないこともあるのです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る