城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 「学力の穴」を残さないように

 

 

中学生は、期末テストが迫り、大変な日々をすごしていることだと思います。

 

中間テストは、これまでにないほどテスト範囲が広く、苦戦した子供たちも多いのではないでしょうか。

 

今回の期末テストも、かなりの広範囲から出題されます。

 

1学期のコロナ禍による長期休校のツケが、今まわってきている、という状況ですが、何とかがんばりぬいてほしいものです。

 

小学生は、定期テストというものがないので、表面的にはわかりにくいのですが、やはり授業のスピードは速く、

 

十分に理解できないまま、次々と新しい単元に入っていっている、というのが現状ではないでしょうか。

 

小学生も中学生も、とにかく日々の予習・復習を欠かさず、わからないことは必ず先生に聞きに行く、という姿勢が

 

大切であると思います。

 

 子供たちが「学力の穴」を残してしまわないよう、私たち大人も十分な目配りをしてあげなければならないと感じます。

 

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 親 が 示 す 善 悪 の 基 準

 

日本の文化は「恥の文化」だといわれます。

 

例えば、昔は「親に顔向けできない」「ご先祖様に顔向けできない」「世間様に顔向けできない」という言葉が

しっかり根付いていた時代でした。

だから、「こんな事をしたら・・・・。」の抑止力も働いた時代でした。

昔は全てが良かったと懐古主義に走るわけではないですが、「顔向けできない」という言葉が当たり前のように

生きていた時代は、日本人の大きな美徳の一つである「恥の文化」が生きていた時代ともいえました。

 

そんな時代の後、現代が突き進む個別・個人の時代において、

「そんな事をするとみんなから笑われますよ」

「みっともないからやめなさい」

は、その美徳が感じられるフレーズなのですが、

理屈が先行する時代では「他人がみていなければ何をしてもいい」の裏返しと理解されかねません。

直接「子どもの行動が悪い」と伝えた事にはなりませんし、逆にこのような注意を繰り返していると、

いつも周囲の人の目を気にしたり、表裏のある子に育つ可能性もあります。

 

そこでやはり教育を担う親として大切なことは「○○さんから叱られる」

というように他人まかせではなく、我々親自らが「人間としての善悪」という

判断基準を深く意識し日々学び、それを子に示してやる事が大切になってきます。

現代の子どもをしつける上でも基礎基本に立ち返ることが、最も有効で且つ、

大切な事なのです。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る