城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 健康管理と 毎日の学習継続が 大切な時期

 

 

暑い夏が終わり一気に涼しくなって過ごしやすくなった反面、風邪をひいてしまったり体調を崩しやすい季節となりました。

この時期は特に子供たちの健康管理に気を配ってあげる必要があります。

また、学校ではいろんな行事が行われ、その影響で授業もなかなか進まなかったり、突然猛スピードで進んだり、と

子どもたちにとっては学習リズムがつくりにくい季節でもあります。

しかし、中学生にとっては中間テストの時期でもあります。

常日頃から計画的に学習をする習慣をつけ、できれば予習、先取り学習を進めておくとテスト前にあわてなくてすみます。

健康状態に留意しながら、毎日の学習習慣を崩さないように導いていってあげることが、

この時期、最も大切なことなのです。

 

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 競 争 心 と 嫉 妬 心

 

競争する心は強い心です。

嫉妬する心は弱い心です。

子どもを強い人間に育てようと思うなら、この似通った心のうちの前者を培い育てなければなりません。

子どももこの世に生まれた限り、過酷な人間社会の舞台にすでに参加しているのです。

参加することに意義があるからというのは、ここでは言い訳でしかありません。

勝つことが目的ではありませんが、人間として生きていくためには、勝とうと努めることが義務であり、

権利でもあると思います。

子どもは、子ども同士の競争心や嫉妬心があります。

この心を露骨に出せるところは、学校ではなく実は家庭なのです。自分の弱みをさらしても、家族は味方になって励まし協力者になってくれるからです。

子どもの嫉妬心を競争心に替えるには、子どもたちに努力という尊さを教えなければなりません。

そのためには、親がまず子どもを心から信頼することです。

親の見栄や虚栄心から他人との比較をし、親の嫉妬心から、他人の子どもと比較をすればするほど、子どもの嫉妬心が増幅されて

しまいます。

親は友人のよい成績や成功を、その友人の努力によってのみ勝ち得られたことを教えるべきです。

さらにわが子にも、それ以上の可能性があることを説き、心から信じ励ますことです。

子どもは親のふとしたことばから敢然とした競争心を燃やすことがあります。

挫折のない人生はあり得ません。挫折を克服する勇気、強い心を育むことが何より大切な、親の心得ではないでしょうか。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る