城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 新年を迎え、新しい気持ちで学習を始めよう!

 

 

新しい年が始まり、子供たちはみんなそれぞれに新年の目標を立てていることだと思います。

 

これから1年間、その目標達成に向けてがんばり続けてほしいものです。

 

しかし、月日がたつとだんだんと年初めの新鮮な気持ちも薄れ、せっかくの目標もなおざりになってしまいがちです。

 

そうなってしまわないためには、時には周りの大人たちが少し手を貸してあげることも必要ではないでしょうか。

 

学校の授業も3学期は学年のまとめが多くなってきます。

 

1年間の学習内容・理解に積み残しがないか、点検をしてあげることもこの時期の大切なことです。

 

次の学年に上がる前に、これまでに習ったことはしっかりと理解しておきたいものですね

そして、それを確認することによって自分自身に自信がでてきます。

 

このことはメンタル面でも良い効果をもたらし、勉強だけでなくいろいろな場面で成長の土台になっていくことでしょう。

 

 

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 叱 る よ り も 良 い 方 法 が な い か 工 夫 し ま しょ う

 

 

子供を叱るのは簡単です。

親の意に沿わなければ、「あなたは間違っているのよ。お母さんの言う事を聞きなさい。」

と言えばいいだけです。

 

子供を叱る事は大切なことですが、叱る事がたった一つの教育方法ではありません。

 

叱るというのは、むしろ楽な方法かもしれませんが、効果があがらない場合もあります。

 

そこでもうひとひねりしてみるのです。

 

ここは一つ叱るよりも、黙って知らん顔をする方がいいという方法もあれば、逆にほめてやる方法がいいということも

あります。

一緒になって失敗してあげる方法もあるでしょう。

 

親が、いろいろな選択肢を持っていて、それを見せてあげられる。

 

それが大人の教育方法であり、親としてふさわしい役割だと思います。

 

また、ただむやみに感情のままに怒鳴ってしまっていては、良い叱り方とは言えません。

 

感情的に叱ってしまう前に、少し叱り方の工夫をすることが大切ではないでしょうか。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る