城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 新年を迎え、新しい気持ちで学習を始めよう!

 

 

新しい年が始まり、子供たちはみんなそれぞれに新年の目標を立てていることだと思います。

これから1年間、その目標達成に向けてがんばり続けてほしいものです。

 

しかし、月日がたつとだんだんと年初めの新鮮な気持ちも薄れ、せっかくの目標もなおざりになってしまいがちです。

そうなってしまわないためには、時には周りの大人たちが少し手を貸してあげることも必要ではないでしょうか。

 

学校の授業も3学期は学年のまとめが多くなってきます。

1年間の学習内容・理解に積み残しがないか、点検をしてあげることもこの時期の大切なことです。

次の学年に上がる前に、これまでに習ったことはしっかりと理解しておきたいものですね。

 

そして、それを確認することによって自分自身に自信がでてきます。

このことはメンタル面でも良い効果をもたらし、勉強だけでなくいろいろな場面で成長の土台になっていくことでしょう。

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 伸 び る 子 に 育 て る 秘 訣 その2

 

子どもは親や教師が注意し励ますことで、一時的に集中して勉強し、その結果いい点をとることも

あります。

しかし、それが長続きせずに元に戻ってしまう子どもが意外と多いという事実は否定できません。

「やればできる」のに続けることができないのです。

 

大人は、「やればできること」は過大評価しますが、「続けてできること」は過小評価しがち

です。

 

「やればできるのだから、そのうちなんとかなるだろう。」と考えるのです。

しかし長続きしないと「なんともならない」ことになってしまいます。

 

「継続は力なり」という諺もあるように、続けて努力できる能力は、他のどんな才能にも勝る大きな力なのです。

 

しかもこの力は先天的能力ではなく、生活の中で獲得されていく力なのです。

 

それでは、この持続力・継続力を家庭でつけるにはどうしたらよいか。

一つは、親と約束したことを守らせることを心がけることです。

「自分の食べたものを台所にもっていく」でも「学校から帰ったらすぐに自分のカバンは机の上に置かせる」でもかまいません。

そして「よくできた」なら肯定的な言葉をかけつづけることです。

 

さらにこれを「机の前に座る習慣」につなげていくことなのです。

初めのうちは、マンガを読んでいても、絵を描いていてもかまいません。

とにかく決まった時間に机に向かう習慣をつけることです。

 

机に向かう習慣は、高校生になってからではまずつきません。

小中学生の間につけることが大事なのです。

 

こうして持続・継続する力を身につけた子どもと、つけていない子どもとでは将来大きな開きがでてきます。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る