城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 新 学 年 当 初 の や る 気 は 維 持 で き て い ま す か ?

 

 

早いもので、新学年になってからすでに1ヵ月半が過ぎました。

その間にはゴールデンウイークもあり、新しい学年・新しいクラスにも慣れてきた子供たちの気が、

そろそろゆるみ始める時期です。

 

こういう時期は、再度気を引き締めなおすために何かのきっかけが必要です。

中学生なら間近に迫った中間テスト、小学生にも何か新しい目標を与えてあげたり、環境を少し変えてあげたり。

 

そして、そのきっかけを無駄にせず、そこからまた新しい「やる気」を生み出させてあげることが大切です。

 

自分自身でやる気をつくり出していくプロセスを身につけることこそ本当に大切なことなのです。

 

それができるようになれば、いつか結果は表れてきます。

 

テストがあってもただなんとなく受験したり、新しいことを始めてもなんとなくやっていたりでは、

結果が出ないばかりではなく、やる気を生み出す力がわかなくなってきます。

 

大切なきっかけを有効に活かせるよう、子供たちを導いていってあげましょう!

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 お 子 さ ん は 夢 を 持っ て い ま す か ?

 

 

                  

 

お父さん、お母さん、あなたが子どもの頃、『夢』を持っていましたか?

 

「お嫁さんになる」・「プロ野球選手になる」・「看護師になる」・「医者になる」・・・。

 

おそらく、さまざまな夢を持っておられたと思います。

その夢が今、実現されているにしろ、いないにしろ、夢を追いかけている自分は、輝いていたのではないでしょうか。

また、今、夢を追い求めているお父さん、お母さんは、毎日が充実しているのでは?

 

現代の子どもたちは、夢のない子どもが多いと言われています。

夢に描いた未来の自分が想像できないから、勉強の意義を見出せず、まったく身に付かないし、

習い事は何をやるにしても長続きしない・・・。そんな子どもたちが多いように感じます。

 

人はみな、目標があって初めて、自分のあるべき姿に気付くのです。

 

とすると、『自分』を形成するのは『未来の自分の姿』だとも言えるかもしれません。

 

お父さん、お母さん、自分のお子さんに『夢』や『目標』を持たせていますか?

 

もし、何も見出せずにいたら、子どもと時間をかけて対話し、お子さんの『夢』を引き出してあげましょう。

 

ただし、お父さん、お母さんが、自分の夢を押し付けるのでは逆効果です。

 

お子さんとの何気ない会話の中から『この子が好きで続けられるものは?』・『この子がやりたがっていることは?』

ということを常に気にかけ、お子さんの口から『これがやりたい』と言わせるようなコーチングを行いましょう。

 

夢を持った瞬間から、お子さんはきっと、輝き始めますよ☆

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る