城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 子 供 た ち の 基 礎 体 力 づ く り

 

今年もうだるような暑さがやってきました。

大人も子供も毎日汗びっしょりですね。

こんな時はクーラーの冷たい風が気持ちよく、ついつい1日中クーラーをつけっぱなしにしてしまいがちです。

 

しかし、できればクーラーをつけるのは昼間だけとか寝るときにタイマー付でつけるだけとか、必要最低限の使用にとどめる

方が望ましいでしょう。

 

節電のためということもありますが、何よりも大切なのは子供たちの基礎体力づくりです。

 

過度の冷暖房は人間の持つ体温調節機能を衰えさせていきます。

特に成長過程にある子供たちの場合は、その機能があまり発達せず、ちょっとした暑さ寒さでもすぐにしんどくなって

しまう、基礎体力の弱い人になってしまうこともあります。

 

心身がどんどん成長していく子供時代だからこそ、少々の暑さ寒さは自分自身の体と気持ちで乗り越えていけるような、

基礎体力のある強い子供たちに育っていってほしいものです。

 

ただし、これが行き過ぎて熱中症になってしまっては元も子もありません。

最低限の冷暖房は必要です。

 

そのさじ加減を私たち大人が、しっかりと考えてあげなければならないと感じます。

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 子 ど も に 毎 日 の あ い さ つ を さ せ よ う

 

 

親が子を養い、学校に通わせるのは当たり前であり義務でもあります。

 

しかし、子どもたちには、親の庇護のもとでこそ何不自由なく生活できているということを自覚

させるためにも、生活の節目としてのあいさつをさせなければなりません。

 

「おはよう。」「行ってきます。」「ただいま。」「いただきます。」「ごちそうさまでした。」

これは当たり前の最低限度の礼儀ですが、この当たり前の礼節が親子間に欠けていれば大変なこと

です。

 

まず親からしっかりした言葉遣いであいさつをしてみましょう。

 

もし親が子どもの朝夕のあいさつに適当にこたえるだけの習慣をつくっているとすれば、親が気の向いた時に学校の様子などを

尋ねても、子どもは面倒くさがって言葉を惜しみ横着に構えることでしょう。

 

子どもは親の言動をつねに観察し、そして親を真似るものなのです。

 

あいさつという入り口から親子間の言葉のコミュニケーション、心のコミュニケーションを大切に育むべきです。

 

また子どもには、学校の出来事、行き帰りの出来事について、詳しく報告させることが、親に対する基本的な義務であることを

教えるべきだと思います。

 

親の姿勢ひとつで、子どもの素直な気持ちも育つのです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る