城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 年末こそ落ち着いて過ごせる雰囲気を

 

 

12月に入って冬休みも近づき、またクリスマスやお正月などのイベントを控えて、

子供たちも心うきうきする時期になりました。

 

このような生活上のメリハリはとても大切なものです。

 

しかし、だからといって落ち着かない毎日を過ごしていたのではいけません。

 

いろいろな楽しみを控えるこの時期だからこそ、

まずその前にやらなければならないことを計画的にやっておこう、という前向きな心の余裕がほしいものです。

 

また、この時期は私たち大人も公私共に多忙を極める時期です。

 

だから、どうしても子供たちに目が行き届きにくくなりがちですが、

こういう時こそ、毎日短い時間でも子供たちに目を向けてやり、その成長をほめ、

過ちを正していってあげることが大切であり、そのことを常に意識しておく必要があるように思います。

 

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 親 が 楽 し く 生 き る こ と

 

 

会社訪問をして面接を受け、「あなたは優秀なので、是非うちの会社にきて欲しい。」

といわれました。

ところがその面接官に「この会社はいい会社だよ。でも僕は辞めようと思っているけどね。」

と言われたら、誰でも意欲が萎えてしまいます。

 

家庭の教育も同じで、親が楽しそうに生きていない姿を子どもに見せたときに、

子どもはおそらく、将来に対して絶望感を持ちます。

 

子どもは自分の未来像を、まず家庭の中の親の姿から描きます。

 

ハッピーでない人から「こうすべきだ。」と言われても、とても受け入れられません。

 

逆に、すごくハッピーに生きている人から「こうしたらいいよ。」と言われれば、

こういう人になれるかもしれないと思って喜んで聞きます。

 

たとえそれがとても厳しいアドバイスだとしても「よし、やってやるぞ!!」と思えます。

 

いくらまともな話でもすごく暗い顔をしている人からは、とても聞く気になれません。

 

親が毎日楽しそうに、ハッピーに生きている姿は、子どもへの生きる勇気と未来への夢を育む最高の教育になるのです。

 

ただし、物質によってハッピーになるのは、ほんの一瞬です。

 

心のハッピーなら長続きします。

心のハッピーとはものの考え方、とらえ方ひとつで簡単に手に入るものです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る