城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 夏休み、少しずつでも勉強を継続しよう!

 

 

みんな、よくがんばった1学期。

けど、夏休みを遊びほうけて過ごしてしまっては、学力は確実に下がってしまいます。

 

「宿題だけやっておけばいい」、そんな気持ちになっていませんか?

自分自身の目標を定め、毎日、時間を決めて学習を継続する事によって、学力は更に向上し、

苦手なところも克服できるのです。

それには、学校の宿題だけでは不十分です

 

9月から始まる長い2学期が、「充実の2学期」になるか、「中だるみの2学期」になるか、

それは夏休みの過ごし方にかかっているといっても過言ではありません。

 

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 子 ど も に 安 心 感 を 与 え よ う

 

 

 

「先生は自分のことを本当にわかってくれてるのかな?」

 

他人である先生は、子どもにとっては親と違う価値観を持った人です。

違う価値観で指導を受けた場合に、時として子どもの中に不安が生じることがあります。

 

「先生はわかってくれない。」と思った時、最後のよりどころに「親なら自分の悩みを

理解してくれるだろう。受け止めてくれるだろう。」と期待するのです。

 

ところが親がわかってくれないと、子どもは最後の砦を無くしてしまいます。

 

「親がわかってくれないなら、先生に頼ろう。」ということはあり得ないのです。

 

どんなことがあっても、親はきっとわかってくれるに違いないという「安心感」が子どもにあれば、

先生や他の大人から違う価値観を与えられても、受け入れる余裕が生まれます。

 

「わかってくれるに違いない。」という安心感は実に大きいものなのです。

 

たとえ子どもの考えが間違っていたとしても、「なるほど。気持ちはわかるよ。お母さんもそうだったよ。」と

一旦は飲み込んであげることです。

 

子どもが求めているものは「合っている、間違っている。」ということではなく、親の「なるほどね。」という言葉なのです。

 

そして、「なるほどね。」と言われた後に出てくる言葉は、子どもも素直に受け入れられるのです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る