城陽市にある個別指導学習塾ペガサス

 

ホームへ戻る

 

 2 学 期 の 生 活 リ ズ ム を つ く ろ う !

 

長い夏休みが終わり、2学期が始まりました。

 

行事も多く学習内容も難しくなる2学期は子どもたちにとって、日々のリズムがつくりにくい時期です。

 

学校行事にも一生懸命取り組んでほしい、勉強も怠らずにがんばってほしい。

これは誰もが子どもたちに対して望むことだと思います。

 

この両者を両立させるためには、気持ちの切り替えが大切になってきます。

行事のことを考え、その練習に熱中する時間、予習・復習をし、テストに備えた勉強をする時間。

それらを上手に切り替えることです。

 

そして、子供たちが各種行事にも勉強にも全力で取り組めるように、大人たちもまた意識して話題や環境の切り替えを

してあげなければならない時期といえるでしょう。

 

 

 

● お父さん、お母さんのための学習室 ●

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 礼 節 の 基 本 は 家 庭 か ら

 

 

最近、学校での先生と生徒の会話を聞いていて、驚きかつ不安になったことがあります。

 

子ども達の言葉づかいが、まるで遊び仲間にでもしているような口調だった事です。

 

先生も特に気にする様子でもなく、とがめる風でもありませんでした。

 

別の機会に先生にそれとなく、そのやり取りについてお伺いしたところ、

「いや、実際その通りです。学校で言葉づかいまで教えようとすると、いろいろ口をはさまれ非常に

やりにくく、結局のところ教科書を教えるだけに自らとどめています。」と消極的におっしゃるのです。

 

恐ろしい話ですが現実です。

 

いずれにせよ、言葉づかいは、まず家庭で親が教え、その後、学校で先生が教えるものだと思います。

 

子供がどんなことばづかいを他人へしているかを聞けば、親のしつけの程度が知れてしまいます。

 

子供可愛さゆえに、子供にたどたどしい幼児ことばを使う家庭がありますが、これでは、結局のところ親が子供に甘えていると

とられても仕方がありません。

 

相手をきちんとわきまえた言葉づかいを、親は徹底して子供に教える必要があると思います。

 

それにより子供は基本的な礼節を体得するはずです。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ホームへ戻る